この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

3

細木あすか

あすか「お読みくださりありがとうございます」
ユキ「あーーーーコメディ要素が欲しい!」
あすか「え、ちょっと本編シリアスモードなんだから引っ込んでてよ」
ユキ「やだよ!先生にしてやられてるのがもう我慢できない」
あすか「本編と連動しない作者コメントってどうなの」
ユキ「俺が出演している時点でそれは諦めた方が良いよ」
あすか「自分でそれを言うってどうなの」
ユキ「本人だから言えることだよ」
あすか「……それでこそユキだね」
ユキ「あはは、俺は俺だよ」
あすか「よかったよ」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ