この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

3

細木あすか

あすか「お読みくださりありがとうございます」
サツキ「ねえ、おかゆ作ってみたんだけど味見してほしい」
あすか「お!サツキちゃんの手料理!」
サツキ「どう?」
あすか「……美味しい!すごい味に深みがある」
サツキ「よかった!」
あすか「なにか入れたの?」
サツキ「ユウがおかゆにはちみつかけてるの見て、試して小さじ1杯だけ入れてみたの」
あすか「待って待って待って。おかゆにもあの人はちみつかけるの!?」
サツキ「もう、私は何も驚かないよ……」
あすか「……で、でもこれは美味しい」
サツキ「よかった。ユウといると料理のレパートリー増えるよ」
あすか「つかぬ事をお聞きしますが、風音先生はどのくらいおかゆにはちみつを入れるの?」
サツキ「……ちょっと醤油瓶飲んでいいかな」
あすか「……聞いてごめんね」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ