この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

3

細木あすか

あすか「お読みくださりありがとうございます」
リン「初めましてー!」
あすか「わ!びっくりした…。初めまして」
リン「ねえねえ、ユウト連れてきた彼女さんってもうお手つきなの?」
あすか「さすが、風音一族。聞き方がど直球すぎる」
リン「あはは、そうかな。で、どうなのさ?」
あすか「彼女(サツキ)はお手つきかもしれない」
リン「やっぱり!彼女(ユキ)はお手つきだよね。あんな可愛いし身体も綺麗だし」
あすか「ストレートすぎてなんだか清々しくなってきた」
リン「で?今は何人と付き合ってるの、あの子」
あすか「やめてください…。一応主人公格なのでチャラい話はご法度です…」
リン「チャラい?どこが?」
あすか「風音一族の常識怖い…」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ