この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

3

細木あすか

あすか「お読みくださりありがとうございます」
サツキ「久しぶりの任務、楽しみ」
あすか「こうやって本編掠ってくれるサツキちゃんが天使に見える」
サツキ「私も任務受けたい」
あすか「受ければいいじゃん」
サツキ「…影の任務、ユウが受注するの許してくれない」
あすか「あー、最近暗殺系多いもんね」
サツキ「私もやりたい」
あすか「やめな、カイトがユキと風音の息の根を止めに来る」
サツキ「カイトはそんなことしないよ」
あすか「…サツキちゃんは先生とカイトどっちが好きなの?」
サツキ「どっちも好き」
あすか「1人選ぶとしたら?」
サツキ「選んでどうするの?」
あすか「深い質問きましたー。私もわからない」
サツキ「私は2人とも大事。だから選ぶ必要ないの」
あすか「ユキに先生取られたらどうするの」
サツキ「?あの2人は一線を絶対超えない」
あすか「わかってらっしゃる…さすがイケメンと付き合うだけあるな」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ