この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

3

細木あすか

あすか「お読みくださりありがとうございます」
風音「ねえ、サツキこなかった?」
あすか「きてませんけど。喧嘩した?」
風音「してないと思うけど…。最近よそよそしい」
あすか「もしかして浮気!?」
風音「だとしても悪いのはオレだし別にいい」
あすか「懐の広さは世界一だと思うよ」
風音「だって、浮気されるってことはそれだけサツキのこと愛せてない自分が悪いでしょ」
あすか「……イケメンすぎる考え」
風音「もっとオレの愛を教えてあげた方かいいのかな」
あすか「……(多分、バレンタインデー近いからその準備で忙しいんだと思う)」
風音「ねえ、どこにいるか知らない?」
あすか「……14日を楽しみに待ってるだけで良いと思うよ」
風音「なるほど、理解。知らないふりしておく」
あすか「イケメンは理解も早いけど、先生はちょっと余裕がなさすぎる」
風音「好きなんだからしゃーねえじゃん」
あすか「言われてみたい」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ