この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

3

細木あすか

あすか「お読みくださりありがとうございます!新章突入です!」
サユナ「あーあ、ユキが戻っちゃったからつまんない」
あすか「うわ、でた。歪んだ愛情」
サユナ「んー?愛はどんな形でも相手に届けば良いんだよ?」
あすか「なんか良いこと言ってる感じだけど、サユナだからな」
サユナ「オレって、そんな信頼ないの?」
あすか「未成年に手を出す男性は信用ならない」
サユナ「でも、ユキはオレに夢中だよ?」
あすか「それを知ってて手放さないのも信用ならない」
サユナ「オレは、マナも好きだけどユキも好きだよ?」
あすか「……サユナってチャラい」
サユナ「良いの。そのほうが、マナとの仲も燃えるんだよ?」
あすか「あー、はいはい。ごちそうさま」
サユナ「いつでも、シてるところ見学に来て良いからね」
あすか「頼まれても絶対行きません!!!」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ