この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

4

細木あすか

あすか「お読みくださりありがとうございます」
風音「……色々バレた」
あすか「先生はいつ気づいたの?」
風音「……最初遊んだ時。終わったとき言われた」
あすか「うわー、衝撃大きそう」
風音「髪色違うから油断してたけど、そもそも親父と同じだったことに気づいた」
あすか「あーあ。性欲に負けて思考停止してたってことね」
風音「……ストレートに言わないでよ」
あすか「これでサユナと同等に常識がない人認定されたな」
風音「……もうしてないし」
あすか「過去は消えないんだよ、青年」
風音「あー!!!」
あすか「(楽しい)」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ