この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

4

細木あすか

あすか「お読みくださりありがとうございます」
アカネ「……」
あすか「どうしたの?」
アカネ「ユキは?」
あすか「あ、懐いた」
アカネ「違う!あいつ、視界に入れてないと無理するから」
あすか「あー。それはわかる」
アカネ「風音さんが保護者なんだって?疲れるだろうな」
あすか「まあ。確かにストレスすごそう」
アカネ「これからは僕が見る」
あすか「それはやめて。毎日嵐になる」
アカネ「……見る」
あすか「完全に懐いた。お前結構かわいいな」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ