この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

2

細木あすか

あすか「お読みくださりありがとうございます」
サツキ「ねえ、ユウがはちみつ食べたいって言って山登って行ったんだけど」
あすか「いつか絶対にやると思っていました」
サツキ「はちみつって、山に売ってるの?」
あすか「多分、彼は天然もののはちみつを取りに行ったのかと思われる」
サツキ「天然もの?」
あすか「はちみつって、蜂が集める蜜だからそう言うんだよ」
サツキ「へえ!知らなかった!ってことは、ユウは蜂さんにはちみつくださいってしに行ったの?」
あすか「言い方が可愛すぎてなんの話してたか忘れてしまった」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ