この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

3

細木あすか

あすか「新章突入!お読みくださりありがとうございます」
ユキ「……アカネは」
あすか「あんたら、お互いいつも探してるよね」
ユキ「……だって、すぐいなくなっちゃう」
あすか「アカネはアカネでユキのこと探してるよ」
ユキ「すれ違ってるってこと?」
あすか「そうそう。ちょっと我慢してその辺で待っててみたら?来てくれると思うよ」
ユキ「……それはそれでいやだ」
あすか「なんでさ」
ユキ「待ってたなんて思われたくない」
あすか「ユキって、アカネに対してだけツンデレ発揮するよね」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ