この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

2

細木あすか

あすか「お読みくださりありがとうございます」
アカネ「先日、ユキとサツキちゃんと風音さんと一緒にデザートビュッフェいったんだけどさ」
あすか「すごい組み合わせだな。なんとなく想像ついたけど続きどうぞ」
アカネ「なんでみんなあんな食べんの?」
あすか「う、うーん。特異体質?」
アカネ「風音さんは味覚音痴だった」
あすか「あれは有名」
アカネ「……みんなストレスやばいんだろうなあ」
あすか「いや、あれは普通に体質の問題」
アカネ「しかも、店員さんみんなこのテーブルに釘付けで」
あすか「……アカネくんも顔結構整ってるもんな」
アカネ「ユキに好かれればそれで十分」
あすか「のろけるな」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ