この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

3

細木あすか

あすか「お読みくださりありがとうございます」
アカネ「ユキと付き合いたい」
あすか「先生の許可制ですね」
アカネ「なんでアンナチャラいやつの許可取らないといけねぇの」
あすか「そりゃあ、ユキの保護者ですから」
アカネ「あんなチャラいやつの教育受けてたらユキの将来が心配すぎる……」
あすか「まあ、それは同感」
アカネ「はあ……。先が思いやられる」
あすか「まあ、12歳に手を出してる君もそうそう変わらないがな」
アカネ「それを言われるとなんとも言えない」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ