この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

3

細木あすか

あすか「お読みくださりありがとうございます」
ユキ「ねえ、私すごいこと気づいちゃったんだけど言っていいかな」
あすか「そこまで言うなら言っちゃいなよ」
ユキ「……あのさ、先生の出す植物ってあれ、言っちゃえば触手だよね」
あすか「あーーーー。まあね。いつか誰かツッコミくると思ってました」
ユキ「エロゲーじゃん」
あすか「なんでユキがエロゲーを知ってるのさ」
ユキ「アリスの部屋で見た」
あすか「あの人は未成年に何を見せてるの。てか、アリスってジャンル広いよね」
ユキ「あの人は特定のジャンルじゃなくて、作者を愛するタイプだから」
あすか「あー、なるほどね」
ユキ「次、先生にあったら触手エロ魔人って呼んでやろう」
あすか「風音一族全員そうなるね」
ユキ「マナあたりは喜びそう」
あすか「確かに」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ