この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

3

細木あすか

あすか「お読みくださりありがとうございます」
ユキ「……アカネ勝つ?」
あすか「さあ。ナズナさんも結構強いからね」
ユキ「怪我しないで欲しい」
あすか「え、心配なの?」
ユキ「違う!そんなんじゃないもん!」
あすか「ちょっと、急に大きな声出さないで」
ユキ「出してない!」
あすか「ユキはアカネくんのこと大好きだなあ」
ユキ「違う!嫌い!」
あすか「だって、アカネくん」
アカネ「別にいいよ、最初からわかってる」
ユキ「……!!!」
あすか「あ、いることわかってなかったのね」
アカネ「ユキ、顔真っ赤。可愛い」
ユキ「わ、私にだって大人の余裕はあるんだああああああああああ!!!!!!!」
ユキ、走り去る。
あすか「うん、かけらもないね」
アカネ「だな」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ