この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

3

細木あすか

あすか「お読みくださりありがとうございます」
風音「眠い」
あすか「なんか、久しぶりにその言葉聞いた気がする」
風音「最近寝てばっかりだったから」
あすか「あ、そうか。なんか、今回先生が先生でしたね」
風音「は?」
あすか「いや、だっていつもだったら絶対ユキのこと襲ってたでしょ」
風音「人聞きの悪いこと言わないで欲しいんだけど」
あすか「今までサユナさんよりもひどい遊び人だったのに。サツキちゃんと付き合ってから変わりましたね」
風音「遊んでたから色々わかるんだよ」
あすか「……イケメンだから許される言葉だな」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ