この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

3

細木あすか

あすか「お読みくださりありがとうございます!」
ユキ「待って!無理!無理だって!」
アリス「お願い!もうアカネくんに約束しちゃったの!」
ユキ「無理!やだ!アリスが身体変化して私になって行けばいいじゃん」
アリス「あんた、誰もが身体変化できると思わないでよね!」
ユキ「あーもう!私は行きません!!!」
アリス「……わかった」
あすか「あ、諦めた」
アリス「……風音くん1日貸切券!」
あすか「は?」
ユキ「……!」
アリス「なんでもして良し!」
ユキ「……それって、千秋巻き込んでもいいの?」
アリス「OK!オールOK!!」
あすか「……絶対先生が承諾しないでしょ」
アリス「風音くんにはサツキちゃんぶら下げておけばOK」
あすか「……先生、どんまい。そして、ユキはアカネくんとのデートをそこまで嫌がってない」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ