この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

3

細木あすか

あすか「お読みくださりありがとうございます」
風音「え、なに。オレ、もしかして先走った?」
あすか「……アリスの言葉は巧みだから」
千秋「ユウト〜。こっちおいで♡」
風音「天野がいるって聞いたんだけど」
千秋「ユキ?ユキはアカネとデートだって」
風音「は!?あいつ、オレのこと誘っといてなんなの」
千秋「んふふ〜。大丈夫だよ、一通り遊び終わっ……検査終わったらユキとバトンタッチするから」
風音「待て!今遊びって聞こえたぞ!」
千秋「またまた〜。耳がおかしいのかな?診ようか」
風音「やめろ!触んな!」
千秋「え〜それは凹む」
風音「こっちは物理的に凹まされそうだよ!」
あすか「……壮絶。とりあえず、合掌」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ