この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

2

細木あすか

あすか「お読みくださりありがとうございます」
ユキ「さっきさ、めちゃくちゃ興奮してる千秋とばったり会っちゃってさ」
あすか「……よく帰ってこれたね」
ユキ「……うん。解体されそうになったからアカネ置いてきた」
あすか「……合掌をせずにいられない」
ユキ「さて、私はタイプスターのリーグマッチしようかな」
あすか「いや、助けに行ってあげてよ」
ユキ「私が行ったとしても、標的が私になるだけ」
あすか「……先生連れて行けば?」
ユキ「ナイスアイディア」
あすか「……先生に向かって、合掌」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ