この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

2

細木あすか

あすか「お読みくださりありがとうございます」
ゆり恵「ねえ聞いてよ!」
あすか「元気だな。どうしたの」
ゆり恵「今宮さんったら、また集合場所間違えて遅刻してきたのよ!」
あすか「……え?あの今宮さんが?また?」
ゆり恵「あの人、毎回そうよ!次遅刻したらただじゃおかない!」
あすか「え?なんで、今宮さん?え?」
ゆり恵「毎回、シノ先生だけ来ててスマホで呼び出すと別の場所で待ってたなんて日常茶飯事よ!」
あすか「……ああ(執務がたまりすぎてそう言い訳してるんだな)」
ゆり恵「しかも、毎回くたびれた服と完徹したみたいな表情なの!あの人、そんなに仕事あるの?」
あすか「一応、付き人だからな」
ゆり恵「……忙しい人だって知ってたけど、もう少し集合場所を守ってほしいわ」
あすか「きっと、今宮さん的には皇帝に締め切りを守ってほしいと思ってるんだろうな」
ゆり恵「……?」
あすか「あ、大人の事情です」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ