この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

2

細木あすか

あすか「お読みくださりありがとうございます」
マナ「……」
あすか「……?」
マナ「……」
あすか「なに見てるんですか?」
マナ「……ん?ああ、ユウトが執務してる姿が可愛いなと」
あすか「あ、本当だ。今日は彼に手伝ってもらってるんですね」
マナ「手伝い?」
あすか「え、違うの?」
マナ「馬鹿言うな。あいつが主導だ」
あすか「堂々とそうやってサボろうとするのよくない」
マナ「ユウトは何しても可愛いな」
あすか「なら、休ませてあげてくださいな。よくよく見ると、目の下のクマがひどい」
マナ「それも可愛いからもう重症だな。うん」
あすか「ただ執務したくないだけだと思われる」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ