この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

7

細木あすか

あすか「今回もお読みくださりありがとうございます!」
ユキ「…………」
あすか「ユキがやけに静かすぎる」
ユキ(焼肉のメニュー表を凝視)
あすか「……もう勝つ気でいるの?」
ユキ「当たり前でしょ。何食べようかな」
あすか「私タン塩」
ユキ「シャトーブリアンとミスジは確定だから……」
あすか「それ希少部位じゃん……(風音先生の財布がヤバい)」
ユキ「だって、こうちゃんといくと豚トロしか頼んでくれないんだもん。いっぱい頼んでやる」
あすか「えー、それは嫌だね」
ユキ「1回、イチボとかツラミとかザブトンとか20皿近く食べてたら怒られてさ、それ以来豚トロだよ」
あすか「……それは自業自得では?(皇帝の財布を潰した男だ)」
ユキ「今宮さんがあいつには豚トロだけ食わせろって指示を出してるところ見たよ」
あすか「え、今宮さんが皇帝ファミリーの財布握ってんの?」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ