この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

6

細木あすか

あすか「今回もお読みいただきまして、ありがとうございます」
ゆり恵「はあ……」
あすか「……(なんだ、この大きなため息)」
ゆり恵「……はあ」
あすか「……な、何か困ってるの?」
ゆり恵「そうなの!そうなのよ!!」
あすか「……どうしたの?」
ゆり恵「聞いてよ!ユキくんのファンクラブに入会しようとしたら、私にはその資格がないんですって!」
あすか「あー、いつも側にいるからとか?」
ゆり恵「いいいいつも側に!?そ、そんな恋人みたいな感じじゃないんだから!」
ゆり恵、あすかに裏拳かます。
あすか「グフッ……(この子は力が強すぎる)」
ゆり恵「でも……私もユキくんのファンクラブに入りたかった……」
あすか「毎日一緒にいるんだからいいじゃん」
ゆり恵「毎日!?一緒に!?だから、そんなんじゃ……」
本日、二度目の裏拳炸裂。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ