この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

6

細木あすか

あすか「お読みくださりありがとうございます」
皇帝「すまんがの、ユキ見なかったかね」
あすか「え、ここ総合案内とかじゃないんですけど。なんでみんな探し人(主にユキ)を訪ねてくるの」
皇帝「ここしかユキの行方を知らないんじゃ」
あすか「なるほど……」
皇帝「ついに、はくパンツがなくなっての。今日は」
あすか「ストップ。それ以上は言わないでくださいね」
皇帝「ノーパ」
あすか「はい、私も全力でユキを探すのでそれ以上は」
皇帝「ありがたいのう。股がスースーしての」
あすか「はい、アウトー」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ