この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

6

細木あすか

あすか「今回もお読みいただきありがとうございます!」
ユキ「はあ、風音先生にバレちゃったよ」
あすか「バラした、の間違いでは?」
ユキ「いやいや、そんなこと俺がするわけ」
あすか「(いや、する)」
ユキ「信用されてない……?」
あすか「うっ…」
あすか、ユキの色気攻撃に負ける。
ユキ「さてと、俺は今宮さんとの鬼ごっこの続きでもしようかな」
あすか「え、まだ追いかけられてるの?」
ユキ「俺くらい有名になるとさ、逃げるのが上手になるんだよ」
あすか「それよりも、面倒ごとをなくすのうまくなりなよ」
ユキ「そうなったら俺じゃないでしょうに」
あすか「……今宮さんに合掌」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ