この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

6

細木あすか

あすか「新章突入!お読みくださりありがとうございます」
雫「はあ、息子の成長が目の保養だわあ」
イチ「それなっ!本当、目の保養だな」
ななみ「そうねえ、こうやって見られるのは嬉しいわ」
あすか「なんか懐かしい同窓会が始まった」
イチ「それにしても、あのユウトくんが大きくなって……(涙)」
あすか「え、風音先生のこと知ってるんですか?」
イチ「そりゃあね、一時期同じ任務してたし」
あすか「まじか!どんな感じの人でした?」
ななみ「それはもう頑固で。うちの主人と毎回喧嘩していたわ」
雫「あ、それ知ってる!結構有名」
イチ「でも、ガッツがある子だったな」
ななみ「そうね」
雫「あの人になら子どもを任せられるわ」
あすか「教師とPTAみたいな図……!」
イチ「モンペはいかんぞ」
ななみ「そうね」
雫「えぇ」
3人、機関銃やら大砲やらを持ち出す。
あすか「その辺のモンペとはスケールが違う!!!」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ