この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

5

細木あすか

あすか「今回もお読みくださりありがとうございます〜」
風音「これ、いつまで続くの」
あすか「んー、ユキが飽きるまで?」
風音「……絶対飽きないじゃん」
あすか「わかってるじゃん」
風音「オレの体力が持たない」
あすか「皇帝と同じこといってる!」
風音「いや、そこまで体力がないわけじゃないけど……」
あすか「ななみちゃん、かわいいじゃん。いいじゃん」
風音「容姿は認めるよ。ただ、あのテンションは……」
ユキ「せんせ♡呼んだ?」
風音「1mmも呼んでねえ」
ユキ「そんなこと言わないでさ!デート行こうよ〜」
風音「行かねえ」
ユキ「そんなこと言わないでさ!!甘いもの食べに行こう」
風音「……あの甘味屋もう一回行きたい」
ユキ「OK〜。あそこはツケが聞くから良いよ!」
風音「じゃあ行く。食べる」
あすか「……え、もしかしてかなりの甘党だったりする?」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ