この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

7

細木あすか

あすか「お読みくださりありがとうございます」
千秋「ねえ、なんか解剖する人ちょうだい」
あすか「……え?」
千秋「暇でさー」
あすか「え?解剖?仕事のやればいいじゃん」
千秋「いや、生きた人がいいんだよね」
あすか「それ、魔警が発言して良いものじゃないよね」
千秋「できれば、青年で名前がユキって言って魔力量が半端ない人がいいなあ」
あすか「超限定的!」
千秋「あ、そうそう。あと、魔力で傷が治る人!」
あすか「……絞り込まなくても1人しかいないから大丈夫ですよ」
千秋「はあ、解剖してホルマリンに漬けて1日中眺めていたいな」
あすか「(ユキ超逃げて、まじで逃げて)」
ユキ「お!千秋じゃん」
あすか「あーーーーーーーーー」
千秋「いた!ねえ、ちょっとお願いがあるんだけd」
ユキ、笑顔で脱兎。
あすか「それを追いかける千秋のスピードの速さよ……」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ