この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

6

細木あすか

あすか「お読みくださりありがとうございます!」
風音「ありがとうございますー」
あすか「ねえ、先生ってなんであんな女性の扱いうまいの?」
風音「え、そうなの?……姉貴たちの影響かもしれない」
あすか「弟さんだけじゃないのね」
風音「あいつら、強烈で……」
あすか「裸見てもなんとも感じてないみたいだし、結構鍛えられてるんだねえ」
風音「いや、なんて言うか」
あすか「なに?」
風音「家の中裸で歩いて、寝る時も全裸で見飽きたよ」
あすか「普通の男性が聞いたら喜びそうだな」
風音「しかも、胸を俺に当ててくるし、わざと足広げて誘ってくるし」
あすか「うわ、大胆」
風音「姉貴は怒らせても怖いし、俺は逆らわないよ」
あすか「……こうやって先生が完成(?)したのね」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ