この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

5

細木あすか

あすか「新章突入!お読みくださりありがとうございます!」
アカネ「やっと登場できて嬉しいんだけどさ。なんでユキと登場しないといけないの」
あすか「そりゃ、この物語の主人公ですから」
アカネ「そう言う古臭い考えがいけないんだよ」
あすか「古臭い……?」
アカネ「そもそも、僕がいれば解決するのに、ユキを出す必要あります?」
あすか「……いやだから」
アカネ「それとも何か?僕だけでは不足ですか」
あすか「こんな詰められるあとがき初めてだよ……」
アカネ「なんです?逃げるんですか?」
あすか「逃げたいです……」
アカネ「はあ、これだから大人は」
あすか「誰か助けてくれ〜〜」
彩華「呼んだ?」
アカネ「……!?」
彩華「アカネくん、人につっかかっちゃダメだよ」
アカネ「……ごめんなさい」
彩華「うん、素直が一番だよ!」
アカネ「……(笑顔可愛い)」
あすか「……彩華が弱点か」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ