この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

6

細木あすか

あすか「お読みくださりありがとうございます」
ゆり恵「ちょっと!」
あすか「へい!」
ゆり恵「先生カッコ良いじゃないの……なんで今まで出さなかったの」
あすか「それは……先生に文句言ってよ」
ゆり恵「言えるわけないじゃないの!」
あすか「お、おう」
風音「……自分じゃわからない」
あすか「うぉえあ!ちょっと、急にこないでくださいよ」
ゆり恵「先生、あの……」
風音「桜田、先に言っておくが、これは恋ではない」
ゆり恵「え……」
風音「天野を見て同じように感じるか?」
ゆり恵「……昨日、吉原に入るところを見たときドキッとして。多分先生でも同じように感じると思う」
風音「男ってそんなものだ」
ゆり恵「……で、でも!ユキくんは違うもん!」
風音「……男ってそういうものなんだよ」
迫ってきた風音に、鼻血を出して否定し続けるゆり恵。
あすか「イケメンならなんでも良いのね……」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ