この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

6

細木あすか

あすか「お読みくださりありがとうございます!」
サキ「風音さーーーーーん……!」
あすか「お、珍しい人が」
サキ「あ、あの!風音さんいませんか!!!」
あすか「そんな泣き腫らした目で……何があったの」
サキ「皇帝が……仕事してくれなくて……しまいには僕の魔力ぐいぐい吸って……あの、その」
あすか「ちょっと!思い出し泣きしないでよ」
サキ「だって、だってぇ……。風音さん寄越してください……僕もう……」
あすか「んー……今、後ろに先生来たんだけど、全力で逃げていったよ」
サキ、猛スピードで振り向きそのまま猛ダッシュ!
あすか「……」
遠くから聞こえる風音の声「やめろ!やめろ!オレは行かない!!!」
遠くから聞こえるサキの声「お願いします!お願いします!今回だけ!!」
風音「無理!」
サキ「ベッドインだけでいいですから!」
風音「それ、だけじゃないよね!?!?」
あすか「……サキさんの必死さよ」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ