この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

6

細木あすか

あすか「お読みくださりありがとうございます!新章突入です」
アリス「あーあ、私も行きたかったな」
あすか「いつもならアリスさんが姫について行くのにどうしたんです?」
アリス「藤代さんからヘルプ入ってね」
あすか「あー、なるほど」
アリス「あの人、私がいない間に2課の環境整備して働きやすくしたみたいでね。表彰されていたわ」
あすか「(あれか)」
アリス「やればできる子なんだけどね……。サボりぐせがついてて」
あすか「どこぞの皇帝たちみたいですね」
アリス「今宮の気持ちがなんとなくわかるわ」
あすか「で、今回はなんで呼ばれたんです?」
アリス「ああ、面接。新しい人を入れるそうよ」
あすか「中途採用ね、この時期だと」
アリス「そう。みんな顔がよくて選ぶの大変だったわ」
あすか「え、」
アリス「次会うの楽しみだなあ」
あすか「……(こんな選考で大丈夫が魔警)」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ