この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

6

細木あすか

あすか「お読みくださりありがとうございます!」
早苗「ありがとうございます!」
あすか「あ、早苗ちゃん」
早苗「え、やめて。近寄らないで」
あすか「何でそんな警戒心マックスなの」
早苗「そりゃあ、今までの行いを遡ればわかると思うよ?」
あすか「……辛辣」
にっこりスマイルの早苗「ん?何か言った?」
あすか「何でもございません〜〜(そう言えば、この子組長の娘やんけ)」
早苗「よかった。これからも近づかないでね」
あすか「そんな、今日一の笑顔で言われても……」
早苗「とりあえず、シメとく?」
あすか「け、結構です…!」
ラン「おじょーさああああん」
早苗「あ、ランだ!」
あすか「その笑顔の一部でも良いので、私に向けてもらって良いですか」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ