この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

6

細木あすか

あすか「お読みくださりありがとうございます」
ユキ「あーーーー暇」
あすか「じゃあしりとりする?」
ユキ「受けて立つ」
あすか「皇帝パンツどうやってとってるんですか」
ユキ「完璧に気配消して皇帝の自室から奪ってます」
あすか「すごいけど、他のことに魔力使って欲しい感が拭えない」
ユキ「異議あり。あんなスリルあることやめると思う?」
あすか「うーん、思わないけど」
ユキ「どうせ消耗品なんだし、俺に盗まれた方がパンツも喜ぶ」
あすか「ぶっちゃけ論すぎませんか」
ユキ「かなあ。俺は、人だけじゃなくて物も魅了させてみせる!」
あすか「累犯の可能性大」
ユキ「いいじゃん、誰も傷つけない」
あすか「いくない、いくないよ……」
ユキ「よくできました」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ