この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

6

細木あすか

あすか「お読みくださりありがとうございます!」
彩華「やっとカンストしたの!褒めて!」
あすか「タイプスター?」
彩華「そう。ユキが1日でスキルマカンストしたっていうから頑張っちゃった♪」
あすか「え、いくら使ったの」
彩華「え?」
彩華、あすかの耳元で金額を伝える。
あすか「……シャロが喜びそう」
シャロ「そりゃあ、喜ぶよ!それだけキャラ愛がある証拠!素敵じゃないの」
あすか「……無課金でも?」
シャロ「やってくれることに価値があるの。そこにお金があるかないかは別問題!」
彩華「シャロは視野が広いのね」
あすか「……本音は?」
シャロ「課金していただけると、ロリショタ本が買えるのでバンバン課金して欲しいです」
彩華「サービスにお金を払うのは当然よ?」
シャロ「はあああん、彩華だいしゅきいいいいいい」
彩華「?」
あすか「なんだか、久しぶりに”運営さんありがとう課金”がしたくなったよ」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ