この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

4

細木あすか

あすか「お読みくださりありがとうございます」
武井「いやー、参った!」
あすか「どうしたんですか?」
武井「最近ミミとユイが反抗期でな」
あすか「へえ……いつからですか?(違う、絶対何かやらかしてる)」
武井「いつからだったかなあ。……ああ!蕎麦屋で昼飯とったときかな」
あすか「みんなで蕎麦いいなあ」
武井「蕎麦に砂糖をかけるかかけないかで議論してな」
あすか「……は?」
武井「あいつら、かけないって言って聞かなくて」
あすか「……は?は?」
武井「普通かけるよなあ。あれ以来、なんだかよそよそしくて」
あすか「……もしかして、先生と同じ味音痴?」
武井「そうそう、それ。ミミとユイにも同じこと言われた!そんなことないのにな!」
あすか「そんなことありありですよ」
武井「いや、ないな!なぜなら、吉良も「うまい!」と賛同してくれたしな!」
あすか「……今、すごくミミとユイに同情してるよ」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ