この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

2

細木あすか

あすか「お読みくださりありがとうございます」
彩華「今日、アカネくんと会ったよ」
あすか「あの、姫好きボーイか」
彩華「そんなことないって。アカネくんは、お父様が好きなの」
あすか「え、そうなの?」
彩華「お父様を尊敬しすぎてるから、私は眼中にないはずよ」
あすか「姫って結構人間関係の分析的確だよね」
彩華「そうかな。でも、アカネくんはそろそろ誰か止めてあげないと暴走しちゃうかも」
あすか「……何があったの」
彩華「さっき会った時、頭にパンツ被ってた。あれは絶対お父さんの。見覚えあるし」
あすか「(ここにもユキの犠牲者が……)お任せください……パンツは取り戻します」
彩華「よろしくね」
あすか「任されました……(早く取ってこよう)」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ