この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

3

細木あすか

あすか「新章突入です!お読みくださりありがとうございます」
ゆり恵「え、資格の勉強は?」
あすか「この章から、物語が大きく動きます」
早苗「あすかさん、資格の勉強」
あすか「揺れ動く感情、すれ違う心。登場人物1人ひとりの心の変化に注目です」
ゆり恵「早苗ちゃん、あれ」
早苗「……OK」
ゆり恵・早苗「「せーの!」」
2人の魔法で、机と椅子が出てくる。
あすか「え、なにこれ」
ゆり恵「はい、座って」
早苗「どうぞ」
あすか、素直に座る。
ゆり恵「はい、問題集4周するまで立ち上がれないから」
早苗「ちゃんとやろうね」
あすか「は!!???!?!?!?ちょっと!」
ゆり恵「なに?あ、これノートね。問題集に直接書き込まないでやるのよ」
早苗「あすかさん、これも」
あすか「え、え、ちょっと……トイレ行きたい」
ゆり恵「ん?何か言った?」
早苗「早く問題集開けて?」
あすか「……優等生のスパルタよ」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ