この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

3

細木あすか

あすか「お読みくださりありがとうございます」
あかね「……」
あすか「あ、あかねくんじゃないか!どうしたんだい(殺気怖い)」
あかね「……どこですか」
あすか「?」
あかね「……彩華姫はどこですか!」
あすか「(絶対これ姫好きじゃん)……どこだろう、ユキのところじゃないの?」
あかね「……チッ」
あすか「え、もしかして、ユキに嫉妬してあんな態度取ってるの?」
あかね「そんな子どもっぽいことしませんよ」
あすか「(してる、してるよ)」
あかね「何ですか、言いたいことがあったら言ってください」
あすか「あ、えっと」
あかね「はあ、これだから大人は」
あすか「え、あかねくん何歳なの?」
あかね「……19です」
あすか「うわ、姫とお似合いじゃん」
嬉しそうなあかね「えー、そう思います?」
あすか「唐突な手のひら返し……なにその機嫌の良さ」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ