この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

3

細木あすか

あすか「お読みくださりありがとうございます!」
ゆり恵「あーーーーーー!私もユキとデート行きたい!行きたい!」
あすか「……絶対来ると思った」
ゆり恵「だって、姫と彼氏さんのラブラブっぷり見たらそりゃあ刺激されるよね!!!」
あすか「(その彼氏さんがユキだって気づいてないだと!?)」
ゆり恵「はあ、ユキくんに会いたい」
あすか「……ゆり恵ちゃんは、もう少しユキを見た方が良いと思う」
ゆり恵「は!?む、む、無理に決まってるでしょ!ちゃんと顔なんて見たことないもの。無理よ、あんなキラキラした顔」
あすか「(やっぱり、ちゃんと顔見てなかったのね)自業自得ってやつか」
ゆり恵「は!?何よ!なに一人で完結させてんの!」
あすか「ゆり恵ちゃんを茶化すのが一番楽しいよ」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ