この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

3

細木あすか

あすか「お読みくださりありがとうございます」
ユキ「あーじれったい!なんなのあの2人」
あすか「え、どっち?サツキとカイト?先生?」
ユキ「今宮さんと彼女さん」
あすか「ですよね本編は無視ですよね。わかってました」
ユキ「だってさ、今宮さんったら!ここが告白場所だって時になんて言ったと思う?」
あすか「今宮さんのことだから、月が綺麗ですねとか言いそう」
ユキ「それだったらまだ雰囲気あるじゃん」
あすか「え、そうなの。寒くなりそうだけど」
ユキ「違うんだよ!今宮さん、絶好のタイミングで「犬派ですか猫派ですか」って聞いたんだよ!」
あすか「え、それは戸惑う」
ユキ「そしたら、彼女さんが「猫派です」って普通に答えるんだもん」
あすか「え、良い組み合わせじゃん」
ユキ「もうじれったい!早く押し倒せ!」
あすか「てか、なんで知ってるの?」
ユキ「覗いたからに決まってる!」
あすか「開き直らないでよ」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ