この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

4

細木あすか

あすか「お読みくださりありがとうございます」
サユナ「あー、ユキとできないの悔しい」
風音「やめろ」
あすか「しょっぱなから飛ばさないでもらって良いでしょうか……」
サユナ「えー、法定速度守ってるけど」
風音「じゃあ、徐行しろ」
サユナ「辛辣ー。風音くんはもう少し遊んだ方が良いと思う」
風音「十分遊んでるので大丈夫です」
あすか「先生、今の話の流れだと結構意味がアレですよ」
風音「?事実だし」
あすか「……風音一族だって忘れてたよ」
サユナ「なんだか仲良くできそう」
風音「???」
あすか「先生も常識をちょっとつけた方が良いかも」
サユナ「このままでも十分魅力的だから良いと思うよ」
あすか「サユナさんは黙っててもらって良いでしょうか」

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ