この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

1

孤壱(こいち)

立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花という美人の姿や振る舞いを形容することわざがありますが、
牡丹をテーマにしたお話です。
花言葉は、風格、しとやか、などがありますが、「人見知り」をテーマにしました。
はい、ぼっちなお話。
''立てば震え座れば嘲笑歩く姿は下を向く''ってタイトルにしようかと思ったけど長すぎて却下しました。
一人と花から、「一分咲き」という内容と関係ないような感じのタイトルで落ち着きました(笑)
高確率でタイトルが決まらないマンで、困っています(笑)

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ