この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

50

heim

ダメダメなことを疑われない人。
__
閲覧・オススメ・お気にいり・コメントありがとうございます。
またえらい昔の会話を回収してる回です。竜退治は三界それぞれで振り分け担当ですが、主の部下は常に戦力が揃ってるわけではありません。色の称号0人時代だってそれなりあって、戦闘向きじゃない色付きしかいない時もある。そんな時でも竜は回ってきます。その時は主だけで対処してる……のが他界の認識でしたが、っていう話です。主は一人でも竜を滅ぼせますし。
まさか放置する(できる)なんて、ケルさんすら思ってなかったようです。
次元の狭間の構造に妙に詳しいのはアミルだからこそ。色の称号貰った頃、狭間から戻った後でセバスと会話した際にあれこれ知りました(精霊は世界樹に連なり知識がほぼ共有状態)。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ