この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

44

heim

特別扱い。
__
閲覧・応援・お気にいり・コメントありがとうございます。
精霊的にはアミルの希望なら最大限叶えてあげたいし、それは時間の精霊であっても同様なので、割と無茶な範囲まで応えてくれます。そしてこれが、この世界において精霊使いが主流たりえなかった最大の理由です。精霊たちが好きな相手に激甘過ぎるという……アミルでこれなので、精霊使いたちがどうだったかもお察しくださいですよ。世界の秩序って意味では、精霊に嫌われつつ規則の範囲内で使役する魔術士位が丁度良いのです。
月2更新で進めております裏話ですが、如何でしょう。本編だけじゃしれっと事態を解決させた、としか伝わらなかったと思うのですが、実際には相当苦労してます。と言いつつこっちでも戦闘はかなり省略されてますけど。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ