この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

40

heim

(悪い大人だから、余力のあるフリも余裕なんだよ)
__
閲覧・応援・お気にいりありがとうございます。
言動ではわかりにくいけど、アミルの周囲にいるのはサフ以外全員が彼よりずっと年上の大人です。どんなにアミルが能力があってすごい魔術士だとしても関係なく、年上として過剰な無理はさせたくない気持ちがあるし、心配してしまうのです。クリアの中の優先順位は常にサフが一番だけど、それも含めアミルにはもう無茶させたくないなとは思ってます。自分に何かあった時に代わりが出来る唯一の魔術士、ってのも大きいです。
イガルドはクリアの無茶を基本的に止めない相棒ですね。後で叱りますが。次元の狭間の主は一応様子を監視して、万が一がありそうならちょっと手を出します。ケルさんは契約主が元気ならそれで良いです。

この作品が気に入ったら読者になろう!

この話のタグ