この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

8

yu-ma

閲覧ありがとうございます。
一瞬だって忘れたことはなかった。だけど、これについて考えたことは、一度もなかった。
幼くして世の中の不条理を体感してしまった2人は、「あなた」を忘れたかった。でも、忘れてはいけないと、心に刻んだ。刻んだのは見えない場所なのに、すぐに思い出せる場所。無心に、それでも丁寧に、深く―――

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?

この話のタグ