この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

53

夏宮レン

今回も読んでいただき、ありがとうございます(^^)。
理科室を密室にする予定はなかったのですが、話を書いていると流星が勝手に鍵を閉め始めました(苦笑)。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?