この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

13

夏宮レン

今回も読んで下さって、ありがとうございました。
夏菜を怒らせてしまって、せっかくの2人きりの夜なのに全く「甘さ」がないようですが、また次回へ続きます。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?