この作品が気に入ったら「応援!」

応援ありがとう!

14

夏宮レン

今回も読んでいただきまして、ありがとうございました(^^)。
この付近の先生と夏菜のやり取りは、ずっと前から考えていた部分なので、やっと書けてホッとしています。
また次回へ続きます。

この作品が気に入ったら読者になろう!

最初のコメントを書きませんか?